あなたが自由になれない原因はたった1つ|自由に生きる具体的な方法

脱サラ 自由

 

あなたが自由になれない理由は
『たった1つ』しかない!

 

自由に生きられる人
不自由に悩み続ける人
たった1つの違いは?

 

こんにちは、パーソナルコーチの野口です。不自由などん底人生から「自由で楽しい人生」に変えた具体的な方法をシェアします。

野口渉

 

「不自由さにストレスを感じてる」
「毎日イライラする」
「人生つまらない」
「何1つ自由のない人生」
「こんな人生はもういやだ」

 

もしこのような気持ちを感じたことがあるのなら、今回の記事は役立つはずです。

 

読むだけで終わりにするのではなく『本当に人生を変えるキッカケ』にしていただけると嬉しく思います。

 

令和時代の日本ほど、個人が『本当の自由』を手に入れやすい時代はないのですから。

 

 

 

『自由の定義』=『全てを自由に選択できる状態』

自由とは『選択肢の多さ』と考えることができます。

野口渉

もしあなたが、こんな人生を歩んでいることを想像してみてください。

 

好きな人と
好きな場所で
好きな時に
好きなことを
好きなだけして
好きなだけ稼げる

 

いかがですか?ものすごく『自由な人生』だと感じないでしょうか?

 

誰と働くのか、どこで働くのか、どれくらいの時間働くのか、そもそも働くのか働かないのか、いくら稼ぐのか、これら『全てを自由に選択できる状態』を自由と定義します。

 

 

脱サラしてはじめて感じた本当の自由

脱サラ 自由

サラリーマン時代は一切自由を感じられなかった私も、脱サラしてはじめて自由を感じることができました。

野口渉

『自由』=『全てを選択できる状態』でした。これをもっと詳しく細分化していくと「経済的な自由」「時間的な自由」「精神的な自由」に分けることができます。

 

経済的な自由→年収が10倍に
時間的な自由→働く時間が1/10に
精神的な自由→何があっても大丈夫という自信

 

私の場合は、このような変化がありました。あなたに自慢したいわけではなく『あなたにも実現可能』ということを伝えるために言っています。

 

※私が脱サラして自由を実現したノウハウは>>『筆者野口の無料メールマガジン』でのみ詳しく解説しています。

 

脱サラして年収が10倍。これはわかりやすいですよね。そして、年収を上げるフェーズが終わったら、次は「働く時間を減らすフェーズ」へ移行します。

 

例えば、今まで手動でやっていたものを自動化する、アウトソーシングするなど、本当に重要な仕事以外は全て自動化or外注化。

 

これで年収10倍、働く時間は1/10の状態を作ることができます。

 

そして、もっとも大きな変化、自由を感じたのは「精神的」な部分です。

 

一度ビジネスをゼロからスタートさせて、しっかりと構築した経験があれば『たとえまたゼロになっても、何度でもやり直せる』という気持ちになります。

 

極端に言えば『人生何があっても、余裕で対処できる』という気持ちになるんです。

 

ビジネスはほとんどの部分で共通していますから、一度ビジネスを本質から学んだ人の多くが『ゼロになっても何度でもやり直せる』と考えています。

 

実際に「堀江貴文さん」や「与沢翼さん」に関しても、ゼロからまた大きな成功を掴んでいますよね。(賛否両論あると思いますが…)

 

自由とは「全てを自由に選択できる状態」であり、経済的・時間的・精神的に自由になることだと言えます。

 

じゃあ、個人がゼロから自由を実現するにはどうすれば良いのか?今回の記事で具体的に解説します。

 

※補足 人間である以上は『ルールの範囲内での自由』しかありません

「全てを自由に選択できる」というと語弊があるかもしれませんので、少しだけ補足させていただきます。

 

全てを自由に選択できると言っても、人間にはルールがあります。

 

例えば日本の法律。あくまでも「他人に迷惑をかけない範囲での自由」しか認められていません。いくら自由でも、他人に危害を加えることはできません。

 

他にも「空間のルール」や「時間のルール」、「宇宙や生命のルール」も変えることはできませんよね。

 

いくら自由と言っても時間を変えたり重力に逆らうことはできません。

 

人間である以上は「法律のルール、人間としてのルール、物理世界のルール」、あくまでこれら『ルールの範囲内での自由』ということです。

 

当たり前ではありますが、念のために補足させていただきます。

 

 

あなたが自由になれない理由は『1つ』しかない

自由な旅

自由=選択肢の多さというのは分かった。でも、なんで自由になれないの?もっとも重要な1つの理由を解説します!

野口渉

 

何があれば『自由』になれるのか?

ストック収入で自由なライフスタイル

あなたが今から『全てを選択できる自由な人生』を実現するとします。そのためには、何が必要だと思いますか?

 

必要なもののなかで、何が一番『重要』だと思いますか?

 

答えは『安定したストック収入』です。この安定したストック収入さえ作ることができれば、誰だって『選択肢の多い自由な人生』を実現できるんです。

 

「ん〜怪しいなあ〜それができないから困ってるんでしょ?」

 

安心してください。令和の時代は特に『ストック収入』が作りやすい時代です。詳しい方法は後ほど解説します。

 

 

サラリーマンに「自由」がない理由

一生つまらない人生

いわゆる「成功者」たちの話でよく出てくる言葉が『サラリーマンに自由はない、幸せはない』ということ。

 

私はサラリーマンもフリーターも経営者も全て経験していますが、残念ながらこれは『事実』だと考えています。

 

なぜならサラリーマンには『収入源が1つ』しかないから。

 

例えばあなたが「この仕事は嫌だな」「この場所まで通勤するのは嫌だな」「この上司は嫌だな」「この取引先は嫌だな」「この部下は嫌だな」「この給料じゃ嫌だな」と感じたとします。

 

しかし、あなたには『今の会社という1つの収入源』しかありません。ということは、簡単に辞めれませんよね?仕事がなくなれば、生活が困ってしまいますから。

 

つまり会社という1つの収入源しかないということは、自分では何1つ自由に選択できないということ。

 

もちろん「役職」が付いていて「権限」を持っていれば多少の決裁権はありますが、例えば「給料を100万円に決める」なんてことはできません。

 

どれだけ嫌だとしても「人や場所やお金や仕事」を選択できない。だから、サラリーマンには自由がない、サラリーマンには幸せがないと言われるんです。

 

 

なぜ『ストック収入』=『自由』なのか?

人生楽しく

想像してみてください。あなたの銀行口座に、毎月安定して『300万円』が振り込まれます。

 

もしゼロになったとしても、また1から何度でも『毎月300万円の安定したストック収入』を作れるとします。

 

この状態で、今の会社を続けますか?

 

もし「それでも定年まで今の会社を続けたい」と強く感じる人にとっては、今の会社が「天職」です。安心して最後まで続けてください。

 

でも『それなら今の会社なんてやめる』と答える人がほとんどなのではないでしょうか。それが正解です。

 

もし、毎月300万円の安定したストック収入があるとしたら

 

あなたは、どこで誰と働くのか、どんな仕事をするか、どれくらいの時間働くか、いくらお金をもらうのか、どこに住むのか、全てを自由に選択できます。

 

朝起きて「ああ、今日も仕事か、嫌だな」と思うよりも「よっしゃ、今日は何しよう?今日も最高の1日になるぞ」なんて気持ちでスタートするほうが良いですよね。

 

>>自由になるためのストック収入構築ノウハウはメルマガで!

 

 

『自由の実現』=『ストック収入の構築』

ここまで読んでいただいたあなたは『サラリーマンに自由はないこと、ストック収入がなければ自由になれないこと』を理解しました。ここからは『どうやって自由になるためのストック収入を作るのか』を詳しく解説します!

野口渉

 

自由になれるビジネスの『条件』を知る

■自由になれるビジネスの条件■
1.在庫を持たないこと
2.利益率が90%以上であること
3.初期投資と経費が安いこと
4.年間で安定した売上があること
5.場所問わずどこでもできること
6.好きや情熱で稼げること
7.レバレッジが効くこと
8.仲間不要ひとりでできること
9.自動化できること
10.稼げる金額に上限がないこと

 

あなたが自由になるためには、この条件に当てはまるビジネスをはじめる必要があります。(具体的には後ほど解説)

 

大事なところだけ解説します。

 

まず重要なのは『好きなこと、情熱があることで稼げる』というポイント。

 

情熱がなければ詳しくなりません。詳しくならなければ価値を提供できません。結果的にお金を稼げません。

 

楽に継続するためにも、より多くの価値を提供するためにも『好きなことや情熱のあることをビジネスにすること』がとても重要なんです。

 

次に大事なのは『レバレッジが効く』ということ。

 

レバレッジとは拡張性のことで、1つの作業で複数の結果を生むことです。

 

サラリーマンが副業や週末起業をする場合『時間』がありませんよね。つまり『最小の時間で最大の結果』を出すために、レバレッジの効くビジネスでなければなりません。

 

次は『自動化できる』ということ。自動化できる=『時間的に豊かになる』ということ。

 

例えば、いくら年収が3000万円くらいあっても、毎日休む暇なく働くだけでは嫌ですよね。

 

最後に「稼げる金額に上限がないこと」も重要です。

 

世の中には、どれだけ頑張っても毎月「5万とか10万」しか稼げないビジネスがたくさん存在しています。

 

これでは、どれだけ頑張っても自由で豊かな人生を送ることはできません。

 

では、この条件に当てはまるビジネスはなんなのか?

 

次の章で詳しく解説します。

 

 

個人が自由になれる3つのビジネス

自由なビジネス

個人が自由になれるビジネスは『ブログ』『オンラインスクール運営』『YouTube』の3つ。総じて『オンライン起業家』になることです。

野口渉

 

「ブログ」「オンラインスクール」「YouTube」どれも知っているものですよね。

 

この3つを使ってビジネスをすること、WEBを駆使してビジネスを展開すること、つまり『オンライン起業家』になることが、自由への最短距離だと確信しています。

 

>>最短で自由になるためのビジネスノウハウは『無料メルマガ』限定で公開中!

 

1つ1つ簡単に見てきましょう。

 

 

自由のビジネス① ブログ(アフィリエイト)

ブログで稼ぐ方法は2つあります。

 

1つは『自分の商品』を作って、ブログを作って集客すること。

 

例えば私の場合は『オンライン起業家を育成するコンサルティングサービス』を自分の商品として持っています。

 

もちろん、ただ商品を作るだけでは売れませんから、自分で集客する必要があります。それを行うのがブログなんです。

 

そして、ブログは「世界でもっとも優れた集客手法」だと言われています。

 

なぜなら、ブログにたどり着く人は「検索エンジン」を使います。自分で「悩みを解決したい」という強い意志を持って検索しているんです。

 

つまり、自分の商品ジャンルにぴったりの属性の見込み客、購買意欲の高い見込み客を集中して集まることができます。

 

だから『少ないアクセス』でも『大きな売り上げ』を実現することができるんです。

 

例えば、10人のアクセスだけで『100万円』の売り上げを実現することだって可能。ブログはそれほど強力な集客ツール。

 

もう1つの方法が『アフィリエイトを使って稼ぐこと』です。つまり『他人の商品やサービスを紹介して、その対価として報酬をもらう仕組み』ですね。

 

私がサラリーマンの時は、この「アフィリエイト」からビジネスをスタートさせました。結果的に毎月300万円稼ぐことができ、無事脱サラ。

 

今ではアフィリエイトを教える「講師」としてUdemyで活動させていただいています。

 

最初は自分の商品を作るのは難しいかもしれません。なので、まずは「アフィリエイト」から始めるのがおすすめ。

 

「アフィリエイトは難しい」「ブログはオワコン」などの言葉を信用しないでください。

 

2019年以降も「WEBの広告費」つまりアフィリエイトの市場は伸び続けていますし、令和時代から始めても全く遅くありません。むしろ「早い」と言って良いでしょう。

 

 

自由のビジネス② オンラインスクール運営

最近は日本でも増えつつありますが、アメリカ最先端のオンライン起業家が一番活用しているのがオンラインスクールのビジネスモデルです。

 

ティーチャブルというオンラインスクール運営ツールを活用して、自分のオンラインスクールを構築します。

 

さらにクリックファネルというオートメーションツールを使うことで、教育からセールス、納品まで全て自動化することが可能です。

 

大きな収益を獲得でき、かつ『時間も豊か』になるビジネスモデルなんです。

 

とはいえ「独学」では難しいため、教えられる人からしっかりと学ぶ必要があります。

 

オンライン起業家としてしっかり活動したいのであれば、最終的には『オンラインスクール構築』までできるようになることが必要です。

 

いきなりオンラインスクール構築は少し難易度が高いため、まずは『Udemy講師』になるのがおすすめ。

 

Udemyの集客力がものすごく優れていますので、あなたは「コンテンツ(講座)」を作るだけで良いんです。

 

講座させ作ってしまえば、あとはUdemyが勝手に売ってくれます。

 

「私には教えられることがない」
「私なんかが先生になれるはずがない」

 

こう思われるかもしれません。でも大丈夫です。誰でも『先生』になることができます。

 

「好きなこと、情熱があること、習慣、ライフスタイル、過去の悩み、学習していること」これら何でも『先生』になることができるんです。

 

でも、教えられるほどの「上級スキル」を持っていない。これも大丈夫です。

 

教える対象を「超初心者」にしても良いですし、他の書籍や講座を見て知識を補完しても良いでしょう。

 

何れにしても、誰だって今すぐ『先生』になることができます。

 

私はUdemyで先生デビューしてから「2ヶ月目」には『月収10万円』を超えました。

 

想像してみてください。あなたの給料が再来月から「10万円プラス」になると。そして、その金額はどんどん増えていく。

 

『自由にずっと近づく』と感じないでしょうか?

 

 

自由のビジネス③ YouTube

YouTubeはブログと似ています。テキストでやるか、動画でやるかの違いです。

 

YouTubeにも2つの稼ぎ方があります。

 

1つはYouTubeを「集客媒体」として活用し、自分の商品を売る方法。これはブログでも同じでしたよね。

 

もう1つは「広告収入」です。Google広告を使って、動画に広告を付けることで収益を得るモデルです。

 

正直、YouTubeよりはブログのほうが圧倒的に稼ぎやすいと感じます。

 

再生回数あたりの収益単価が低く、膨大なアクセスが必要。

 

さらに、動画撮影のための投資、キャラ設定、ポジショニング設定、動画編集スキル、顔出しリスクなど、ゼロから始めるには少し敷居が高いと言えます。

 

ライバルも強いため、生半可な気持ちでは勝てないでしょう。

 

そのため、ブログやオンラインスクールを軸として、補助の集客ツールとしてYouTubeを使うのがおすすめです。

 

5G技術の到来もありますから、スキルとしては身につけておいて損はありません。

 

 

『本質的なノウハウ』×『正しい量の努力』=自由な人生

自由になるための努力

個人が自由な人生を実現するためには『本質的なノウハウ』と『正しい量の努力』が不可欠。どうすれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

野口渉

 

①自由になるための「本質的なノウハウ」とは?

個人が自由な人生を手に入れるためには
STEP.1 成功するビジネスを選ぶ
STEP.2 本質的なノウハウを学ぶ
STEP.3 正しい量の努力をする

 

この3つの手順で進みます。むしろこの3つさえしっかりできれば、実は誰だって簡単に自由なライフスタイルを実現できてしまうんです。

 

前回の章では「自由になれるビジネスの10の条件」に当てはまるのは『ブログ、オンラインスクール、YouTube』の3つのビジネスモデルだと紹介しました。

 

まずは、そのなかからビジネスを選ぶことが重要です。私の経験上、ブログかオンラインスクールからスタートすると成功率が上がります。

 

ビジネスを選んだら、次のステップが『本質的なノウハウを学ぶこと』です。

 

世の中の9割以上のノウハウは間違っていると考えてください。

 

「一瞬稼げるはニセモノ、ずっと稼げるはホンモノ」

 

一瞬しか稼げないような、流行りのノウハウに騙されてはいけません。長年稼ぎ続けるような『本質的なノウハウ』を学ぶことが大事。

 

なぜなら、あなたの目的は「一瞬稼ぐこと」ではなく「ずっと稼ぎ続けること」だからです。

 

例えば「ブログの本質的なノウハウ」を学ぶと、どんな時代でも応用しながら稼ぎ続けられる可能性が非常に高い。

 

さらに、ブログの本質的なノウハウを学んだことで、オンラインスクールやYouTubeにも応用することができるんです。

 

じゃあ、どうやって本質的なノウハウを学べば良いのか?

 

もっとも効果の高い学習手段は「コンサル」を受けること、次が「動画講座を受けること」です。

 

いずれにしても『本質から教えている真っ当な先生』から習うようにしてくださいね。

 

もちろん私からじゃなくてもOKです!本質から教えてくれる先生を探してみてください!

 

 

②自由になるための「正しい量の努力」とは?

「お金持ちになるためには、どれくらいの努力が必要なの?」

 

こんな疑問を持った経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

 

まず、ビジネスで成功するためには『2つのフェーズ』があります。

 

最初のフェーズは『労働収入を最大化』すること。

 

もちろんこれは「会社の収入を増やす」ことではなく『会社以外の自分のビジネスの収入を増やす』ということです。

 

例えば、ブログを運営して、毎月の報酬を300万円にするなど。これくらいのレベルで労働収入を最大化していきます。

 

私の経験上、個人がたった一人で労働収入を最大化する場合は『1ヶ月500万円』くらいが上限の目安だと考えています。

 

それ以上に増やす場合は「社員を雇う、外注さんに依頼する」などの対策が必要です。

 

労働収入を最大化したら、次のフェーズでは『労働時間の最小化』を行います。

 

例えば、集客から納品までオートメーション化したり、任せられる人を育てたり。

 

1週間に1日しか出勤しない、自分がいなくても自動で回る仕組みを構築します。

 

まとめると「フェーズ1では労働収入の最大化」「フェーズ2では労働時間の最小化」です。

 

では本題に入ります。お金持ちになるには、どれくらいの量の努力が必要なのか?つまりフェーズ1の労働収入を最大化するためには、どれくらいの量の努力が必要なのか?

 

少なくとも最初の1〜3年間は『24時間常に自分のビジネスことを考える状態』を継続する必要があります。

 

副業でスタートする人は、本業の時間以外の『全て』を自分のビジネスに費やすということ。

 

もちろん、最初に努力すれば、そのあとは楽に稼げるようになります。フェーズ2まで行ければ、ほとんど労働することなく、大きな収益を得られるようになるからです。

 

まとめると『最初頑張れば、後から楽できるビジネス』と言えるでしょう。

 

普通は最後までずっときつい嫌いな仕事続ける人がほとんど。最初だけ頑張って、後から自由な人生を実現するほうが良いと思いませんか?

 

これだけの努力が必要だからこそ『好きなこと、情熱があること』でビジネスを始めるのがおすすめ。

 

好きなこと、情熱があることであれば、そもそも楽しくて仕方がありません。努力してるとすら感じません。気づいたら『いつの間にか成功していた』という状態なんです。

 

 

>>好きなこと、情熱があることをビジネスにする方法はこちら!

 

自由な人生を生きるためのQ&A

抑圧された地獄の人生から、自由な人生を実現した経験者として、よくある質問に回答します。

野口渉

 

Q.1 お金があれば本当に幸せですか?

 

「お金があれば幸せ」ではなく「お金は幸せの最低条件」だと考えています。

 

お金(ストック収入)があれば、
誰と働くか、誰と一緒にいるか
どんな仕事をするか、いくら稼ぐか、
どこに住むか、どこで働くか、
何を着るか、何を食べるか、
何時に起きるか、何時間働くか

 

これら全てを自由に選択できます。

 

そして最大のポイントは『お金をどう使うのか、どうやって世の中に貢献するか』ということです。

 

つまり、お金を持ってからが本当のスタートであり、本当の幸せを追求する段階だと言えます。

 

今は誰もがお金持ちになれる時代です。お金を持ってみて、あなたの感性で判断してみてください。

 

 

Q.2 凡人の私でも自由になれますか?

 

私がビジネスを始めた時は、才能なしスキルなし人脈なし資金なし実績なし学歴なしの状態でした。

 

こんな私でも会社を設立し、たくさんの仲間に囲まれて、幸せな人生を歩むことができています。

 

必要なのは才能ではありません。正しいマインド、成功するビジネスモデル、本質的なノウハウ、「正しい方向と正しい量の努力です。

 

本業の仕事すらまともにこなせない私ができるのですから、あなたにもできると思いませんか?

 

 

Q.3 自由な人生は何歳からでも実現可能ですか?

 

世界には、80歳を超えてから自由な人生を実現させた人もいます。日本でも、私の生徒さんでも、50代や60代から初めて自由な人生を実現される方もいます。

 

例えば「ネットリテラシーがない」とか「体力がない」とか「ついていけない」とか、できない理由を探そうとすればたくさん見つかるでしょう。

 

でも、年齢は関係ありません。何歳からでも可能です。事実、実現してる人がたくさんいるのですから。

 

一生に一度の人生です。何歳からでも挑戦してみましょう!

 

 

Q.4 自由な人生を得るまでに何年くらいかかりますか?

 

私の場合は、自由な人生を実現するまでに「2年半」かかりました。最初独学でスタートしてしまったので、無断に時間がかかってしまった印象です。

 

今は答えのある時代です。守破離の法則を徹底してください。『誰に学ぶか』が一番重要です。

 

きちんと本質から教えてくれる人から学ぶこと。守破離の法則を徹底すること。

 

これさえしっかり実践できれば、それほど多くの時間はかかりません。

 

人によっては半年や1年程度で実現してしまう人もいますし、2〜3年かかる人もいます。

 

いずれにしても人生全体で見ると「短い時間」です。それくらいの時間なら、一度本気で挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

 

Q.5 自由には責任が伴うと言いますが…?

 

人間である以上は『全てが自由』とは言えません。例えば、日本で住んでいるのであれば、日本の法律を守らなければなりません。

 

いくら自由といっても、人に迷惑をかけることは許されません。

 

他にも、自由にお金を稼げるとは言っても、稼いだ金額に応じて税金を払わなければなりません。

 

つまり人間である以上は『ルールの範囲内で自由である』ということになるでしょう。

 

とは言え、あなたが求める「自由な人生」とは、もちろん「ルールの範囲内」にありますよね。

 

好き場所で好きな人と好きな時に好きなことをして好きなだけ稼げる。こんな自由な人生を実現するために、ルールを破る必要はありません。

 

「自由には責任が伴う」という言葉を聞いて「自由には何かそれなりの代償があるのでは」と思われる人もいるかもしれませんが、全くそのようなことはありません。

 

ルールの範囲内であれば、誰だって自由に生きて良いんです。誰だって自由を実現する力を持っているんです。

 

 

あなたもそろそろ、自由になりませんか?

脱サラ 自由

いかがでしたでしょうか?

 

今回は『個人が自由になれないたった1つの理由』、そして『自由になるために必要なビジネス』を解説しました。

 

「自由な人生」なんて言葉を聞くと、もとから『才能ある人』や『お金持ちの家系に生まれた人』しか実現できないようなイメージを持つ人がたくさんいます。

 

それは『昭和』の時代です。平成にはたくさんの自由人が誕生し、令和は誰もが自由なライフスタイルを実現できる時代です。

 

もちろん『努力』は必要。行動なくして『自由な人生』は手に入りません。

 

しかし問題は『そもそも何を努力すれば良いのかわからない』ということ。

 

この記事を読んでいただいたあなたは、もう何を努力すれば自由になれるのかわかりましたよね。あとは『実践』するだけです。簡単ですよね?

 

私は子供の頃から「抑圧された人生」を歩んでいました。自分では何1つ決めることができない、嫌なことを無理やり続けさせられるような人生です。

 

これは社会人になってからも続きました。抑圧から解放されたい気持ちがいっぱいになり、いつしか自由になることばかり考えるようになりました。

 

今でこそ自由な人生を実現できましたが、私と同じ境遇で悩む人たちはまだまだたくさんいます。

 

私の会社名は『株式会社LIVERATE』です。liberte(解放する)という言葉に『LIVE感』を足した造語です。

 

会社名に「解放する」「自由になる」という意味を込めるほど、ここ数年は自由を追求してきました。

 

次は、あなたが自由になる時です。記事を読むだけでなく、必ず行動してください。

 

あなたが自由な人生を生きることを、心より願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です