起業・脱サラ

20代で『年収を3倍』に上げる方法|たった1つのすべきこととは?

 

 

たった1つの方法で、

20代の年収を劇的に上げる!

 

 

20代の年収は安すぎる。いつになったら給料が増えるのだろうか。そんな不安を抱いていないでしょうか?「20代だから年収が少ないのは当たり前」、これは間違いです。

 

 

20代でも年収を増やす方法はいくらでもあります。20代で年収1000万円を超えている人もたくさんいるのです。彼らは「才能やスキル」を持っていたのではなく、着実な方法を実践したからこそ、圧倒的な年収を実現できています。

 

 

今回は「20代で年収を劇的にアップさせる方法」をシェア。才能や学歴、人脈もまったく関係ありません。「もっと年収を増やしたい」と考えている人は、最後までしっかりとチェックしてくださいね。

 

 

 

 

20代の平均年収は?

 

 

あまりに少なすぎる・・・。
安い給料に洗脳された20代たち。

 

 

20代前半の平均年収は248万円、20代後半は344万円でした。 このデータは税金や社会保険料が引かれる前の数字なため、手取り分は平均年収の2割マイナス、すなわち20代前半で198万円、20代後半で275万円程度だと考えておけばいいでしょう。

 

 

手取りで計算すると、20代前半の月給は「約16万5千円」、20代後半の月給が「約23万円」。これは、あまりに安すぎる金額です。「20代だからそんなもんだ」なんて主張は通用しません。

 

 

確かに、20代の社員は大きな利益を獲得してくれる可能性は低いかもしれません。大学新卒で入社すると22歳。3年ほど経過した25歳くらいから、1人前の仕事ができ始めると言われています。

 

 

入社してからスキルを身につけるために、あらゆる研修が行われたでしょう。会社は、あなたへの投資として、たくさんの研修費などを支払っています。もちろん、会社への感謝は必要ですが、それを踏まえても、20代の給料は安すぎるのです。

 

 

経営する側から考えれば当然ですよね。なるべく「安い人件費」で、なるべく「大きな成果」をあげてほしい。人件費は大きなコスト。なるべく安い給料でたくさんの利益を獲得してほしいと考えるのは当然のことなのです。

 

 

20代こそ、たくさんのお金が必要!

 

 

20代のお金の使い方が、
その後の収入を決める!

 

 

20代こそ、お金が必要な時期なのです。例えば、読書やセミナーなどの自己投資、海外旅行、恋愛、趣味など、20代でどれだけたくさんの経験をしたかで、人間として成長できるレベルが決まってしまいます。つまり、20代こそたくさんのお金を使って「経験」を買わなければならないのです。

 

 

しかし、20代の平均年収では、生活するだけで精一杯。さらに、奨学金を借りている人も多いと思いますが、その返済費も考えると、とても20代の年収だけで十分な生活はできません。

 

 

読書やビジネスの勉強、海外旅行や留学、恋愛や友達との付き合い、20代でたくさんの経験をしなければ、人として大きくなることができません。お金がないから節約する、必要な投資もできない、これではこの先の人生もどんどん悪くなる一方なのです。

 

 

「年功序列」なんて幻想!

 

 

責任とストレスは増えても、
年収はいつまでも上がらない。

 

 

20代の社会人に多いのが「長く働けば、どんどん年収が上がる」という考え方。30代の平均年収を調べてみてください。ほとんど上がっていません。手取りで「25万〜30万程度」ではないでしょうか。もちろん、たくさん残業すれば手当で増えるかもしれませんが・・・。

 

 

40代や50代になると、平均年収は増える傾向にあります。それでも、年収500万円程度(手取り)。20代から30年近く会社で頑張って、やっと年収500万円程度なんて、本当にそれで良いのでしょうか?

 

 

会社が潰れるかもしれません。リストラになるかもしれません。リストラはなくても、年収がどんどん下がるかもしれません。ボーナスもカット、退職金も当てにできません。日本の有名家電メーカーのように、海外の企業から買収されるかもしれません。AIに仕事を取って代わられるかもしれません。「正社員=安定」「大企業=安定」など、もはや過去の幻想でしかないのです。

 

 

ここまでネガティブなことを言っていますが、あなたの夢を奪いたいわけではありません。将来に絶望させたいわけでもありません。「リアルな未来」を知らないと「どのような道を選択すれば良いか」というのがわからないのです。未来を楽観視してそのまま進めば、未来には絶望しかありません。

 

 

あなたは、いくら稼ぎたいですか?40代〜50代になっても、年収500万円で良いのですか?本当は「年収1000万円以上」できれば「1億円くらい」を稼ぎたいのではないでしょうか。

 

 

「そんなに稼げるのは才能がある人だけではないのか?」と思われるかもしれませんが、それも洗脳です。正しい方法を着実に実践すれば、誰でもたくさんのお金を稼ぐことができるのです。次の章から、わたしが20代で年収を3倍に増やした方法を解説します。

 

 

20代で年収を3倍に上げた方法。

 

 

20代で年収を劇的に上げるには、
WEBビジネスをはじめるのがベスト。

 

 

20代は「資金なし、ノウハウなし、人脈なし」という状態でスタートしなければなりません。例えば、あなたがいきなり会社を立ち上げる、大きなアイデアを実現させるという場合、リスクが大きいですよね。

 

 

クラウドファンディングという、アイデアを発表して、賛同してくれる人から資金を集めるような仕組みもありますが、かなり難易度が高いのが現状。銀行や中小企業支援公庫などから融資を受けるにも、信用が足りません。十分な資金を獲得するのは難しいでしょう。

 

 

一方でWEBビジネスであれば、ほとんど資金なしでスタートすることができます。かつ、学歴や才能、人脈も一切関係がありません。あなたの努力次第で、いくらでも稼ぐことができる世界なのです。

 

 

20代で大金を稼いで成功している人はたくさんいますが、そのほとんどがWEBビジネスを行っています。年収1000万円、年収1億円を稼ぐような人もたくさんいるのです。彼らは才能があったわけではなく、正しいノウハウをもとに、コツコツと継続したからこそ成功できています。

 

 

つまり、あなたも「絶対に稼ぐ」という意志さえあれば、同じように稼ぐことができるのです。わたしも社会人4年目の時期にWEBビジネスをはじめました。回り道をして時間がかかりましたが、2年後にはサラリーマンの3倍の年収を稼ぐことができ、脱サラすることができたのです。もちろん、はじめた頃はまったく経験のない初心者でした。

 

 

具体的な方法としては、あなたのメディア(WEBサイト)を立ち上げて、あなたの好きなこと、得意なこと、興味があることについての情報を発信します。それだけでは収益化することができませんが、広告を掲載することで、高額の安定報酬を得ることができるのです。いわゆる「アフィリエイト」というビジネスモデル。

 

 

なかには「ネットビジネスは稼げない」「難しい」などと言う人もいますが、それは正しいノウハウを知らないから難しいのです。正しいノウハウさえ知っていれば、誰でもある程度の成功は収めることができます。そして、お金もノウハウも人脈もない20代が大きく成功する方法は、ネットビジネスしかないと言っても過言ではないのです。

 

 

詳しいノウハウに関しては無料のメールマガジンで公開しています。期間限定でノウハウをプレゼントしていますので、もっと稼ぎたいと考えている20代は無料で受け取ってくださいね。

 

 

あなたの上司が、あなたの未来の姿。

 

 

あなたは、
心から上司のようになりたいと思いますか?

 

 

会社に勤めている上司が、すべて悪いと言っているのではありません。わたしもお世話になった上司はいますし、いまでも付き合いのある上司もいます。心から尊敬できる上司もおります。しかし、あなたの上司が、あなたの未来の姿であると知る必要があるのです。

 

 

20代の多くは「平社員」であり、役職がついていない人が多いでしょう。あなたが昇進すると「主任、係長、課長補佐、課長、部長補佐、部長」などのように、順番に上がっていくのが普通。それぞれの役職の上司を、あなたはどう思っていますか?あなたも同じように、なりたいと思いますか?

 

 

わたしは成績が良い時期に、役職をもらうことができましたが、給料はほとんど上がりませんでした。むしろ、責任とストレスだけが増えて、何も良いことがなかったのです。

 

 

さらに、その上の役職にいる上司の給料を聞いてみても、驚くほど少ないものでした。上司の顔を見ていても、とても「幸せ」そうには見えないのです。無気力で、辛い顔をしています。

 

 

また、何か挑戦的なアイデアを実践しようとしても、あまり乗り気ではありません。頑張っても報われないことを知っているのです。とにかく「仕事を増やさないでほしい」という雰囲気を感じます。

 

 

たまに上司のデスクを覗くと「オンラインゲーム」をしていたり「YouTube」に夢中になっていたり。その上司だけでなく、他の上司も同じようなものでした。仕事に「やりがい」を見出すのではなく「なるべく楽して、なるべく早く終わらせたい」ということしか考えていないのです。

 

 

そして、家庭で自由がないことへの不満、お金が足りないことへの不満を嘆いています。とても、そんな未来を受け入れることはできませんでした。「じゃあ、お前が会社を変えれば良いのではないか?」と思われるかもしれませんが、わたしにはできませんでした。挑戦しましたが、途中で諦めてしまったのです。

 

 

会社に勤めている人を批判したいのではありません。あなたの未来の可能性を、しっかりと見てほしいのです。「いまの会社で働くしかない」と考えているかもしれませんが、あなたにはたくさんの選択肢があります。特に20代のうちに、あらゆる選択肢を経験してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

先ほどご紹介したWEBビジネスであれば、いきなり会社を辞める必要はありません。副業からスタートすれば良いのです。会社に副業がバレる頃には、あなたは会社以上のお金を稼ぐことができているでしょう。

 

 

会社に期待をするよりも、じぶんの努力次第で、自由な未来を切り開くほうが良いと思うのです。少しでも共感できる人はわたしの無料メルマガにご登録ください。20代がWEBビジネスで成功するための、すべての情報をお伝えしています。

 

 

「残業」という悪魔の習慣。

 

 

時間は命。
命の断片を売って稼ぐ現実・・・。

 

 

あなたが残業に頼っている限り、成功することはできません。わたしもサラリーマン時代は、毎月80時間ほど残業をしていました。幸い、残業代はきちんと支払ってくれる会社だったため、残業代は給料に上乗せ。確かに残業代があることで家計は助かっていましたが、それではいつまでも豊かになることができないのです。

 

 

わたし達にとってもっともの大切なものは「命」です。「命」とは、言い換えれば「時間」。つまり、残業は命を断片を売ること、時間を売ってお金を稼いでいるのです。正社員は、基本的に「月給制」ですので、時給で働くアルバイトのように「時間を売っている」という感覚になりにくいかもしれません。しかし、サラリーマンも突き詰めれば時間を売っているアルバイトと同じ。

 

 

残業は日給を時給に換算して1.25倍などの計算をしている会社が多いと思います。残業でお金を稼ぐのか、残業する時間を別のことに当てるのか、将来的に後者のほうが圧倒的に稼げるようになります。スキルやノウハウに投資をしない限り、あなたはいつまでも稼ぐことはできません。つまり、本業の仕事が終わったら、お金を稼ぐためのノウハウを学ぶ時間に投資をするのです。

 

 

しかし、毎月80時間も残業をしていれば、カラダもココロもクタクタになります。体調も悪くなるでしょう。そんな状態で、有意義なアフターファイブなどありません。会社に時間を売ってお金を稼ぐだけ。いつまでもあなたのスキルは伸びません。

 

 

100%正しい方法などありませんが、わたしは残業のない会社に転職をしました。正社員から契約社員になったため、一時的に年収は下がったのです。しかし、会社を定時に退社し、そのあとの時間は自由に使えるようになったのです。その時間に、先ほどご紹介したWEBビジネスを実践。

 

 

アフターファイブはWEBビジネスを行う、休日も友達と遊ぶのを我慢してWEBビジネスを行う。2年間かかりましたが、結果的に年収は3倍になり、働く時間は半分になりました。

 

 

わたしは自慢したいわけではありません。あなたが努力する「方向性」を考えてほしいのです。ココロとカラダをすり減らして残業するよりも、その時間をビジネスを学ぶ時間にしたほうが有意義。20代で成功した人をたくさん見てきましたが、彼らも同じような行動をしています。

 

 

とはいえ、上司含めみんなが残業しているなか、自分だけ退社するのは勇気がいりますよね。「残業する人が偉い」というような変な空気感があります。

 

 

本来は「なるべく少ない時間で質の高い仕事をこなす人」が評価されるべき。しかし、日本の多くの会社は「長い時間働いた人を評価する」という変な価値観があります。とあるお医者さんが言っていましたが、日本人は生産性が悪いにも関わらず、生産性の高い西洋人と同じ結果を求める。だから、足りないぶんを「残業」というかたちで補っている、と。確かに、その通りではないでしょうか。

 

 

会社は「3年」で辞める。

 

 

一般的な社会常識を学べれば十分。
3年働いて独立するのがベスト。

 

 

大学を卒業して「いきなり起業」というのは難しいかもしれません。そのため、とりあえず「就職する」という判断は良いですが、わたしは会社に勤めるのは3年程度で十分だと考えています。3年もいれば、ビジネスが回る仕組みや社会の価値観を十分に知ることができるのです。

 

 

会社の上司、経営者の目線で考えれば「3年で辞めるなんてふざけるな」と思われるでしょう。新入社員にお金をかけて研修をして、やっと一人前になって利益を回収できる段階で辞めれるのですから、会社にとっては良くありません。しかし、そんなことを考えていれば、いつまで経っても自由になることはできないのです。

 

 

まずは3年間はサラリーマンをする。そのあとは、もっと時間の自由な会社に転職して、アフターファイブを有効に活用する。もしくは契約社員やアルバイトの立場になる。WEBビジネスをはじめて、じぶんひとりで稼げるノウハウを身につける。これが、20代で成功するためのベストな方法であると確信しています。

 

 

わたしが人生をやり直せるのであれば、もう2度とサラリーマンはしません。就職せずに、じぶんでビジネスをします。そのほうが、短い時間でたくさんのお金を稼ぐことができ、かつ充実感とやりがいを感じることができるのですから。わたしは天才でもありませんし、普通の人間。ただノウハウを知っているというだけで、自由にビジネスができるのです。

 

 

20代で「挑戦」をしなければ年収は上がらない。

 

 

20代の挑戦はリスクなし。
あなたも年収を3倍に上げることができる。

 

 

この記事を読んでいるあなたは「もっと年収を上げたい」「いまの給料に満足していない」「もっと自由なライフスタイルを実現したい」そう考えている20代ではないでしょうか。

 

 

少しでも年収を増やしたいという気持ちがあるのなら、20代のうちにじぶんのビジネスに挑戦しましょう。しかも、リスクはまったくありません。

 

 

先ほどもご紹介したWEBビジネスは、自己資金がほとんど必要ありません。副業でできます。会社を辞める必要もないのです。つまり、まったくリスクがありませんよね。

 

 

仮に会社を辞めて、アルバイトをしながらじぶんのビジネスに取り組んだとして、もし失敗したとしても、20代〜30代半ばであれば、いくらでも再就職のチャンスがありますよね。会社を辞めてまでWEBビジネスに取り組むほどやる気がある人は、ほぼ100%成功できますが。

 

 

想像してみてください。あなたはいまの年収の3倍を稼いでいます。働く場所も時間も、すべてが自由。仕事の内容も、あなたが好きなことしかしなくて良い状態。海外を旅したり、素敵な休日を謳歌したり、やりたいことは何でもできます。そんな未来を実現したくありませんか?

 

 

そんな未来が、いますぐリスクなしで始められるとしたら、挑戦してみたくありませんか?年齢も性別も、才能もスキルも、人脈も学歴もまったく関係がありません。あなた次第で、なんとでもできるような世界なのです。

 

 

いまの仕事の内容と年収で満足している20代は、このまま継続してください。しかし、少しでも年収を上げたいと考えている20代は、すぐにでもビジネスをはじめましょう。才能のないわたしでもできたのですから、きっとあなたにもできます。

 

 

詳しい方法は無料のメールマガジンで解説しています。フリーのアドレスで構いませんので、ご入力いただくと、20代で年収を上げる具体的なノウハウを受け取ることができます。

 

 

継続的な年収アップで「本物の安定」を!

 

 

本物の安定を手にいれる。

 

 

あなたは「一時的」に年収を上げるのではなく「継続的」に増やしたいですよね。20代で年収を上げるには『WEBビジネス』が最適であると紹介しましたが、他にも方法自体はあります。

 

 

例えば「転職する」というのも1つの選択。しかも「歩合制の会社」に行くと、あなた次第で年収アップできるでしょう。しかし、成績が悪くなれば年収は下がりますし、リストラの可能性もあります。それではいつまでも「安定」とは言えません。

 

 

本当の安定とは『世界中どこへ行ってもじぶん一人でお金を稼ぐ力』ではないでしょうか。会社に頼っている状態では、会社が倒産してしまえば終わりです。それでは「安定」とは言えません。さらに、収入源が「1つしかない」というのも、不安定な状態。

 

 

「ひとりでお金を稼ぐ力」と「複数の収入源」があってこそ『本物の安定』と言えるのではないでしょうか。大企業でも上場企業でも、安定など存在しません。もちろん、起業すれば安定ということはありませんが、会社に頼るよりはずっと安定していると言えるでしょう。

 

 

例えばわたしの場合は「複数のメディア」を運営しています。契約している会社も複数あります。1ヶ月に3回ほどお金が振り込まれ、振込元の会社も複数あります。つまり、収入源を複数に分散しているのです。万が一、どれか1つがなくなってもビジネスを続けられる状態です。

 

 

繰り返しお伝えしていますが、あなたもじぶんのビジネスを立ち上げて、複数の収入源を持ちましょう。20代でも十分に通用します。むしろ、元気のある20代のほうが早く成功できるでしょう。

 

 

常識を信じると給料は上がらない!

 

 

トップ5%の人の行動を真似する。

 

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。最後に、わたしが20代で年収3倍を得るまでの経緯をお話しさせていただきます。

 

 

わたしは正社員として3つの会社を経験しました。仕事は真面目にするほうでしたので、成績1位を獲得したこともあります。しかし、給料はまったく上がりませんでした。会社に大きな利益を与えても、ほとんど受け取ることができないのです。

 

 

さらに、毎月80時間の残業をこなし、仕事のあとは上司の付き合い、休日もまた上司の付き合い。上司も給料の安さに悩んでいて、不幸な表情をしています。

 

 

しかも、頑張っている人とサボっている人の給料が同じ。その状況で「やりがい」とか「本気」とか、まったく感じることができませんでした。未来がないのに、評価も同じなのに、なぜ頑張らないのいけないのか、疑問を感じていたのです。

 

 

「会社のために尽くす、お金は関係ない」という高尚な人もいるかもしれません。しかし、わたしはそのように考えることができなかったのです。頑張ったぶんは評価(お金)を受け取りたいですし、目標を持ってどんどん頑張りたかったのです。

 

 

資金なし、才能なし、人脈なしのクセに「年収1000万円稼いでみたい」など、一丁前に夢だけは持っていたのです。周りから見れば「あいつ、バカだな」なんて思われていたかもしれません。

 

 

歩合制の会社に転職してみたり、残業が多い部署に異動してみたり、副業でアルバイトをしてみたり、年収を上げるために色々なことを試しました。しかし、一時的に年収が上がることはあっても、安定的に年収を増やしていくことができなかったのです。

 

 

そこで最終的に行き着いた結果が「WEBビジネス」だったのです。はじめた当時は何も知らない初心者の状態。「WEBビジネスで年収1000万円、1億円」を稼いでいる人がいることはわかっても「どうやって実現すれば良いのか」という方法がわかりませんでした。

 

 

そこで、ネットビジネスのプロからノウハウを学び2年間コツコツと実践したのです。すると、副業ではじめたWEBビジネスが、いつのまにかサラリーマンの年収を超え、脱サラすることができました。その経験から学んだことは「正しいノウハウ」さえ知ることができれば、ビジネスをしたことがない20代でも実現できるということ。そして、ビジネスは「情報」がもっとも大切であることを知ったのです。

 

 

なぜ、多くの20代が給料を上げることができていないのか?それは、会社の給料を上げようと考えているから。会社はコストである人件費を簡単に上げてくれません。それよりも、じぶんでビジネスをはじめて他の収入源を確保するほうが簡単なのです。そのために最適な方法が「WEBビジネス」だということ。

 

 

そして、年収を上げたいのであれば「常識」にとらわれないでください。一般的な常識で考えれば、長く会社に勤めて、少しずつ給料を上げるのが普通。しかし、それではいつまでも年収は上がりません。なぜ、トップ5%の人が大きなお金を稼ぐことができているのかというと、残り95%の人とは違う行動をしているから。

 

 

家族や友人に反対されたとしても、あなたの目標を達成するために、あなたの感性で判断してください。常識なんて関係ありません。むしろ、誰にも相談せずに、勝手にビジネスをはじめてしまったほうが良いでしょう。

 

 

あなたの成功を心から願っています。最後までご覧いただいて、ありがとうございます。

ABOUT ME
野口 渉
ネットビジネスコンサルタント、WEBマーケター、アフィリエイター。 福岡県出身。 ココロもカラダもボロボロになったサラリーマンを辞め、ネットビジネスで起業。「好きなことをビジネスにする」というテーマで、自分の趣味をビジネス化。現在は「WEBビジネスの起業」をサポートしている。